Garden Of My Aroma 〜私の香りの庭〜

趣味の庭です。アロマのこと以外にも自分に必要な情報も載せています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラリセージ Clary Sage

植物名  クラリセージ
和 名  オニサルビア
学 名  Salvia sclarea (サルウィア・スクラレア)
科 名  シソ科
種 類  二年草
産地例  ウクライナ、ロシア、アメリカ
抽出部位 花と葉
製造法  水蒸気蒸留法
成分の一例  酢酸リナリル、リナロール、スクラレオール(特徴成分)
ノート   ミドル          ↑女性ホルモンのような働きをする

「クラリ(Clary)」は、明るい、澄んだといった意味があり、種からとった粘液で目の中の異物を取り除き、目をすっきりさせたことからきたといわれている
精神を高揚させて幸福感・陶酔感を与え全身をリラックスさせる
そのためストレスや緊張を和らげて身体のバランスを整える
月経前症候群・更年期の精神不安定な時に

花と葉から精油が抽出されるのはクラリセージとラベンダーの2つ

心への作用:精神を高揚させて幸福感・陶酔感を与える

身体への作用:全身をリラックスさせ、ストレスや緊張を和らげ、身体のバランスを整える
    
作用
「あたらしいアロマテラピー辞典」より
鎮静・緩和(かんわ)・鎮痛・筋肉弛緩(しかん)・強壮・抗うつ・抗ウイルス・発汗抑制・通経(つうけい)

「医師がすすめるアロマセラピー」より
効能・・・ 抗うつ・通経・鎮静・鎮痛ホルモン調整作用
主な適応・・・ 鬱状態・パニック不眠・月経痛・月経困難症・更年期障害・PMS・ニキビ

高濃度・長時間の使用に注意
飲酒前後の使用に注意
出産時を除き妊娠期の使用は避ける
乳腺炎・乳がんの人は使用を避ける
集中力のいる作業の前は使用を避ける


香りの相性がよい精油例
カモミール・ローマン
グレープフルーツ
サイプレス
ラベンダー
レモン
ローズオットー
ローズアブソリュート
関連記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。