Garden Of My Aroma 〜私の香りの庭〜

趣味の庭です。アロマのこと以外にも自分に必要な情報も載せています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルラ(マー/没薬) Myrrh

植物名  モツヤクノキ、モツヤクジュ
和 名  ミルラノキ
学 名  Commiphora myrrha (コンミフォラ・ミルラ)
     Commiphora molmol (コンミフォラ・アビッシニカ)
     Commiphora abyssinica (コンミフォラ・モルモル)
科 名  カンラン科
種 類  低木
産地例  ソマリア、エチオピア
抽出部位 樹脂
製造法  水蒸気蒸留法
成分例  クミンアルデヒド、リモネン、αーピネン、オイゲノール
ノート   ベース

樹皮に切れ込みを入れると樹液がにじみ出て乾き、赤褐色の樹脂になる
ミルラには殺菌・防腐・乾燥作用があり、古代エジプトでは遺体保存のために内蔵を取り除き、そこにミルラを詰めて「ミイラ」を作りました
ミイラの語源はミルラだといわれている
イエス・キリスト誕生物語の中で乳香(フランキンセンス)とともに捧げられた香りとして有名
神経系を鎮静させて意識をはっきりとさせる

検定対象の精油の中で、樹脂から精油が採れるのは、フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラの3つ

心への作用:神経系の鎮静。意識をはっきりさせる

作用
「あたらしいアロマテラピー辞典」より
抗菌・鎮静・収れん・抗炎症

香りの相性がよい精油例
サンダルウッド・インド
サンダルウッド・オーストラリア
パチュリ
フランキンセンス
ラベンダー
関連記事

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。